不動産担保ローンで知っておきたい事

不動産担保ローンで知っておきたい事

不動産担保ローンとは、土地や建物などの不動産を担保に入れることによってお金を借りるという借り方の一つです。カードローンやキャッシングのように「無担保」でお金を借りる場合には、基本的には借りる人の返済能力や信用などを審査したうえで、いくらなら借りられるかが決まりますが、不動産担保ローンの場合には、不動産の価値がいくらあるのかを審査し、その価値と同じ額を借りれることが可能になります。つまり、無担保の借り入れ商品だと、借りる人が返済できるかどうかが審査されるのに対して、有担保の借り入れの場合には、借りる人の返済能力よりも担保に入れる不動産の価値の方に重点を置いて審査が行われるという決定的な違いがあります。住宅ローンも不動産担保ローンの一種です。

メリットとデメリット

不動産担保ローンは、無担保ローンと比較すると、不動産の価値と同額を借りることができるので、まとまった金額を借りたい時におすすめの借り入れ商品です。一般的には無担保でお金を借りす場合には、収入がないと審査落ちして借りることはできませんが、収入がない人でも有担保にすれば審査に通ることは可能です。ただし、有担保の場合には、返済できないと担保に入れた不動産を失ってしまうことになるため、お金を借りることはできても毎月の返済ができるかどうかをきちんと計算した上で申し込まなければいけないという点は、他の借り入れと変わることはありません。

不動産を担保に入れてお金を借りるということは、金融機関にとっては万が一返済できない場合には、担保に入れた不動産をお金に変えて返済に充てることができるという保証となっています。そのため、何らかの理由で不動産の価値が下がってしまった場合(担保割れと呼ばれる状態です)などには、借入した額と不動産の価値との差額を現金での返済を求められる場合がある事は、担保型借入の特徴と言えます。

金利はお得

不動産担保ローンは、何も担保に入れない借入と比較すると、金利面でかなりお得な低金利で借りられることが多くなります。どのぐらい低金利なのかは金融機関によって異なりますが、一般的には消費者機関よりも銀行の方が金利は低く、銀行の中でも労金や信用金庫、農協などは金利面でかなり優遇された借入ができることが多いようです。もしも大切な不動産を担保に入れてまとまったお金を借りなければいけない場合には、できるだけ低金利で借りやすい金融機関を比較検討しながら選びたいものです。

どんな時に担保を失うのか

不動産担保ローンの最大のデメリットは、万が一返済ができない場合には担保として入れた不動産を失ってしまうことになります。不動産を担保に入れてお金を借りるということは、もしも返済できない時には金融機関が不動産を売却して融資を回収するということになり、有担保の契約をする時点で不動産に抵当権がかかることになります。一般的な住宅ローンや自動車ローンなどは、すべて住宅や自動車という資産を担保にして低金利でお金を借りるタイプのローン商品なので、担保型の借り入れは多くの人が日常的に利用している借り方なのですが、万が一多重債務などに陥って不動産を手放すことになった場合には、住む場所がなくなってしまうという悲劇にもなりかねないので注意しなければいけません。

諸経費も要チェック

無担保で借りる場合と比較して、圧倒的に借りやすいというメリットがある不動産担保ローンですが、万が一返済できなかった時には大きな悲劇になりますし、契約の際には登記変更などの諸経費もかかることになるため、利用する前にはメリットとデメリット、かかる費用も含めて慎重に検討することが必要です。かかる費用はケースバイケースで異なるものの、場合によっては数十万円になることもあり、まとまった金額になってしまうこともあるので注意しましょう。借入を希望する金額や条件によっては割高感が強くなってしまう場合もあるので、必ずしもお得とは言い切れないのが、この借入のリスクでもあります。

不動産担保ローンは法人経営者・個人事業主の事業資金の捻出にも利用されます。ビジネスローンとしても不動産担保ローンは使われるのです。

ビジネスローン利用が可能な不動産担保ローン

↑ PAGE TOP